アクション写真界のキャパ (^_^;) こと <大阪Z80> が館長を務める私設博物館

甲子園撮影秘話

甲子園チアガール撮影の記録


持ち物

 勿論カメラ。CANON AE-1/28mmを持って行きましたが自作の特製レンズ
フード付き。望遠系ズームレンズも1本。アングルビューファインダー
それとモータードライブユニットは甲子園では必需品。
フィルムは日本製ASA100 36枚撮りネガフイルム 12本。
1日6〜8本くらいしか使いませんが多いにこしたことはありません。
ベストショットを狙うよりとにかくシャッターを押しまくりました。
ASA100(現在のISO100)は画質(粒子状)と財布を考えてです。(笑)
このころは既にASA400がありましたがまだ粒子状が悪く、感度も実際は
ASA400も出ていないように感じました。できるだけ早いシャッターを
きりたかったですが。
時々、双眼鏡も持っていきました。決して野球観戦のためではありません。
1塁側で撮影するか3塁側にするかの判断のためです。
外野席は無料で、出入り自由だったので外野から望遠鏡でアルプススタンドの
チアガールのコスチュームとアクションを観察し決定したのです。
でも事前にテレビで出来るだけ情報を取っておくことが重要だったのです。
(選手の情報ではありませんよ〜ん)

服装

 服装は関係が無い様に思えますが重要です。目立ってはいけません。
目立つ服装はチア達にも警戒心を抱かせます。夏は白い服装です。目立たない理由も
ありますが写真をやったことがあるかたは、お分かりでしょう。
多少はレフ板の代わりになるのです。直射日光下ですので影の部分が
真っ黒になります。また3塁側は4時ごろから、完全に逆光になります。
白い服装で多少なりとも効果があります。
帽子はチューリップ帽。これも暑さよけ、目立たない目的と、カメラアングルが
煽って下から空に抜く場合が多いので、カメラのレンズに直接太陽光が
入らないように遮る「レンズフード」の役目も期待出来ます。
太陽光が画角内に入らなくとも、レンズの一部分にでもあたると
著しくコントラストを悪化させます。
逆に遮りすぎてケラレないように注意が必要でした。
白いタオルも持っていきました。これも服装、帽子と同じような目的です。
ただ持ち物、服装にしてもフットワークが信条であることに注意しました。

行動

 当時私は大阪に住んでいましたので毎日車で甲子園に通いました。
朝起きは三文の得です。4:30ごろ出発します。
甲子園の周りには駐車場はないのですが歩いて20分も遠い所に鳴尾浜と言う
場所があってその公園の駐車場に無料で止められるのです。しかし、ここは
無料だから止めるのではありません。他に大きな収穫があるのです。
実はこの近くに応援団の臨時バス駐車場もあるのです。(下の地図を参照)
チアガール達もここで降りて、この20分の路を歩いて甲子園まで行くのです。
この路では、彼女達も気分がハイになっていて注意力散漫状態ですので
思わぬ ハプニング を見せていただけることがあります。お尻を突き出して
靴を直すには当たり前。
友達同士でワイワイ騒ぎながらスコートをたくし上げてアンスコを比ベッコしたり、
ついにはスコートのめくり合いが始まったこともありました。始めて着た
ユニフォームで嬉しくて「キャッキャ」といってはしゃいでいました。
甲子園から遠い学校は近くの旅館やホテルに宿泊してきているので出るときに既に
チアガールのユニフォームの着替えてきます。でも近くの学校は日帰りで来ます。
出発時はセーラーでバスに乗って、着いてからチアガールのユニフォームに
着替える学校もあります。でも更衣室なんかはありません。
バスの中で着替えたり、駐車場のトイレで着替えるのです。
このときも、思わぬ?(実は期待!)ハプニングに出くわします。
私はこの20分は苦にならず、実に楽しい道のりなのです。
「応援がんばってね!」とか声をかけると「ありがとうございます!!」
と親しくなって、球場の前で記念写真を撮ったこともあります。
甲子園に着くとまず入場券を買わねばなりません。この為に朝早く出るのです。
1塁側アルプス2枚、3塁側アルプス2枚を買います。
第一試合は1塁側、第二試合は3塁側、第三試合は再度1塁側を撮りたい
といった場合にそなえます。
人気の地元チームの場合はすぐ売りきれになりますので要注意です。
でもアルプススタンドは、1試合が終わると応援団が入れ替えになるので
また入場券は販売されます。それでもチケットが売り切れになる場合があります。
どうしてもこの試合?(チアガール!)を見たい時があります。
その時は、裏の手を使います。でも決して違法なことではありません。
内野席があればそれを買うのです。
内野席とアルプス席は中でつながっていますがゲートに係員がいて、
アルプスから内野席に行けないようにチェックしています。
でも内野席のほうが値段が高いので「XX県人会のもんですが間違って内野席の
チケットを買ってしまいました。みんなアルプスにいるのでいっしょに
応援したいので通してください」といえば100%「どうぞ」でした。
私はチアガールに関してだけは急に頭が冴えるのです。(笑)

今でもテレビで「アルプススタンド」という言葉を聞いただけでなぜか
ワクワクしてきます。心理学で言う「パブロフの犬」でしょうかね!?


鳴尾浜から甲子園球場への道のり

道中でのハプニング動画
Copyright(c)2002-2005 <大阪Z80> All Rights reserved.
inserted by FC2 system